Blog&column
ブログ・コラム

指輪のサイズが合わないときの対処法

query_builder 2023/11/15
コラム
38
指輪のサイズは、購入時にピッタリの大きさに合わせる方がほとんどです。
しかしさまざまな要因で緩みや窮屈になる場合がありますが、どうすればよいのでしょうか。
今回は、指輪のサイズが合わないときの対処法をご紹介しましょう。
指輪のサイズが緩い場合
■リングストッパーを利用する
指輪がゆるいときは、指輪のサイズを調節するアイテムで対処可能です。
指輪に透明のワイヤーを巻きつけることで、緩さを解消するものです。
さまざまなタイプが販売されていますので、ご自身に合ったものを選びましょう。
■マニキュアを塗る
少しだけ緩い場合は、指輪に透明なマニキュアを塗るのがおすすめです。
滑りにくくなるので、指輪がずれるのを防いでくれます。
指輪のサイズがきついとき
指輪のサイズがきついときは、自分で行える対処法はありません。
指輪を修理できる専門業者にお願いすれば、サイズアップが可能です。
しかし指輪の素材やデザインによっては、サイズアップが難しい場合があります。
その際は指輪のリフォームや、ペンダントトップとして利用する方法を検討しましょう。
▼まとめ
指輪のサイズが緩ければ、専用のアイテムやマニキュアを塗るなどの方法が効果的です。
またサイズがきつい場合は、専門の業者にサイズアップをお願いしてみましょう。
しかし、指輪によってはサイズアップが難しい場合もあります。
その際は、指輪のリフォームやペンダントトップとして利用する方法も検討してみましょう。

NEW

  • トミヤの日 5月22日

    query_builder 2024/05/22
  • 母の日 5月12日

    query_builder 2024/05/12
  • トミヤの日 5月2日

    query_builder 2024/05/02
  • トミヤの日 4月22日

    query_builder 2024/04/22
  • 目覚まし時計の修理

    query_builder 2024/04/08

CATEGORY

ARCHIVE